たきBlog

Simple life.

カナダのGreyhoundはなかなかどうしてスリリング

昨日初めて利用した長距離移動のバス会社
その名も Greyhound

今回はこのバスの利用についてまとめまっす!


バスの予約

今回はネットで予約しました。
ネットでの予約の方が割引もあってお得だったので💡


まずはこのリンクから予約画面へGreyhound.ca | Home

f:id:simplebestblue:20180613032905p:plain

今回は往復のチケットを予約したのでRoundtripにチェックしてあります。
出発地と到着地、日時を入力して「search schedules」をクリック。
丁度いい便があるか確認します。


f:id:simplebestblue:20180613033321p:plain

丁度いい便が空いていたので「web only fare」にチェックし「continue」をクリック。

f:id:simplebestblue:20180613034154p:plain

次の画面の下にある「payment options」はクレジットカードを持っているかの確認。

あとはクレジットカードの情報を記載するだけ。

f:id:simplebestblue:20180613034952p:plain

最後に上記の画面が出ますが、これはチケットの受取り方法の選択です。
「print at home」は自分で印刷して持ってくる人。
「will call」は当日にバス乗り場の受付で受け取る人なので都合のいい方をチェック。
「pickup password」は好きなパスワードを入力すればOK,
ただし忘れないように。

これで予約完了!





当日の流れ

出発の1時間前には行っていた方がいいみたいだったので、早めにVancouverのPacific Central StationにあるGreyhoundの窓口へ向かいます。
駅の中に看板がぶら下がってるのでわかりやすい!

受付でネットの予約画面とパスポートを渡したら、「荷物あるか?」と聞かれただけですぐにチケットを発券してくれました。
荷物があればそこでタグをもらうみたいです。


「出発15分前に13番乗り場に行って」と言われたので時間通りに乗り場へ。

f:id:simplebestblue:20180613042221j:plain

時間通りに乗車とはならず10分遅れくらいでバスに乗り込み始めました。
しかも案内された13番ではなく12番のバスに乗れと急遽変更。
間違えたかと思ってちょっと焦りました笑

ドライバーにチケットを渡して行き先を伝え無事に乗車できました。





バスの乗り心地

バスの中は日本の長距離バスとあまり変わらず普通。トイレもついているしACコンセントもあります。
ただ、座席は決まってないので早い者勝ち。VancouverからWhistlerへ行くなら左側の席の方が景色が良くておすすめです!

いざ出発するとバスの車内は結構寒い❄️
日本人は寒がりなのでなるべく厚着できるように準備した方がいいですね。

まぁ寒さは自分で準備すれば対処できるからいいんですけど、一番大変だったのは 
運転の荒さ。

まじでカーチェイスしてんのかってくらいの勢いでぶっ飛ばします恐
コーナーでスキール音鳴らしてたし💦

ブレーキングも雑だし冗談じゃなくジェットコースター状態。
カナダの人は結構みんな運転荒いけど、大型バスまでとは苦笑

乗り物酔いしやすい人はマジで気をつけて!!

僕は酔わなかったけど横転するんじゃないかとビビってました😅
(頭の中ではmoveが流れてた笑)
そんな秋名の86もびっくりな走りのおかげで予定より早く到着。

帰りのバスはドライバーが違う人でまだ良かったですが、奥さんは酔いまくってました笑



そんな感じでカナダ初めての遠出は終了〜


スリリングなドライブを楽しみたい人は是非Greyhound利用してみてください笑