たきBlog

Simple life.

SINナンバー申請とSimカード

Canada day2🇨🇦


カナダに来て体内時計が絶賛崩壊中です笑
これが時差ボケってやつですか。
昨日の夜は中々眠れず、ようやく2時頃寝れたと思ったら4時には目が覚めました。
そこからまた寝れず昼近くなって猛烈に眠くなるという(-∀-)

でも夜とか早朝の静けさは好きなのでちょうどいいか笑

そんな時差ボケの中やることはやらないといけないので、今日はカナダのバスに乗ってSINナンバー申請とカナダで使うsimカードの為に携帯ショップへ行ってきたました。

果たして英語力が中一レベルの僕が行くとどうなったのかまとめておきます!




カナダでの移動手段

ネットで調べみるとカナダはバスの路線がとても充実しているとのこと。「バスを制する者はカナダを制す」とまで書いてあるブログもありました。
バスの乗り方まで丁寧に書いてくれてあり、本当にネットがある時代でよかった!

バスに乗るにはキャッシュで乗車時にチケットを買うか、compassカード(日本でのsuica的な)なるものが必要らしい。
キャッシュの場合は2.75CADでチケットを買うけど、多く払ってもお釣りは出ないとのこと。
お釣りも出ないし毎回買うのも面倒臭いからcompassカードを作ることに決定!

お店とかにある発券機で作れるみたいなので、宿泊中のホテルから最寄りの発券機を調べると「徒歩で1時間」だったので散歩がてら歩いて行くことにしました。
(てか発券機の場所まで調べられるとかどんだけ便利なんすかgoogle先生

意気揚々と歩き出したは良いものの、予想以上に時差ボケによるダメージがあったようで頭痛と眠気で少しフラフラ。
でも、見たことのない街並みを眺めるのは楽しいですね。
google mapを頼りに歩き続けること1時間30分
ようやく発券機の置いてあるお店に着きました。
発券自体は日本語対応しているので問題なく作ることができました!
これで楽に移動できるー😆

でもこれって空港で作っとけばこんなに歩かなくても済んだのに。
もしカナダに来る人がいたら空港でできることは全部やってきちゃった方が楽ですよー





SIMナンバー申請

カナダで働く為にはSINナンバーというものを取得しなければなりません。
色んなところにあるService canadaというオフィスに行くか郵送で取得できますが、 僕はDown townが近かったのでオフィスまで行き取得してきました。

取得方法についてもとてもわかりやすくまとめてくれているサイトがたくさんあるので助かります!

オフィスに行ったのが14時頃だったんですが、すでに待っている人たちがたくさん汗
受付のおじさんにSINナンバー申請に来たことを伝えると45分待ちとのこと。
まぁしょうがないので眠気と戦いながら待ってましたzzz

お花畑が見え始めた頃に名前を呼ばれボックス席へ
パスポートとビザを渡して名前、誕生日、出身国、父の名前、母の名前と旧姓、カナダでの電話番号、滞在先の住所を聞かれました。
少し日本語も話せるスタッフの方だったのでそれだけでリラックスして受け答えできました笑
スタッフの人がゆっくり話してくれるので英語も聞き取りやすく、昨日よりも英語でのspeakingができた気がして楽しかったー😄
「Your English so good.」と言ってもらえマンモスうれぴかったです笑
(自分で全然喋れてないのはわかってるよ。その人が優しかっただけなんだけどさ。それでも嬉しいよね)

そして無事にSINナンバーを登録してもらえましたとさ!






simカード

僕は日本にいるときにauiphonesimフリーしたつもりでマイネオを使っていました。
カナダに行くにあたりphone boxという会社の海外用simカードを準備し、いざ現地で使おうとsimを入れ替えると、、、使えない。
幸いフリーwi-fiスポットだったので色々と調べて対処方法を試すめもダメ。

まさかsimロック解除されてない?
マイネオのau回線を使ってたからsimロック解除してなくても使えていたのかもと思い、仕方なくau海外サポートへTELして確認。
結果はロック解除されてなかった。しかもロック解除可能な期間が過ぎてるからもう無理だよーとのこと。
それが昨日の出来事です。( ・∇・)
iphoneをホテルの13階から投げ捨てそうになりましたが思いとどまり、今日Down townにあるphone boxへスマホをレンタルしに行ってきました。
お店のお兄さんに文法めちゃくちゃながら「このsimをレンタルスマホで使いたい」的なことを伝えると、頭の良いお兄さんはすぐに理解してくれました!

余計な出費が増えてしまいますが自分のせいなのでしょうがない。
まぁ英語で会話する機会が増えたから良しとしよう笑





まとめ

英語力がほぼゼロに近い僕でもなんとかここまでのことはできました!
カナダ人は外国人との会話に慣れているため、下手くそな英語でも理解してくれようとするしこっちにも理解できるように努力してくれるというのは本当でした。

色々な手続きも最初は不安でしたが、スタッフ側は英語ができない人の対応に慣れているので行けばなんとかなりますね。
でもその優しさに甘えているだけではなくもっと英語力を上げないと汗

ネイティブとの会話は難しいけど、それでもやりとりができたときは嬉しいし楽しいので英語をもっと勉強しようというモチベーションが上がりますね👍