たきBlog

Simple life.

ジャパレスという選択肢について

仕事が決まりました。
タイトル通りジャパレスです。

結局ジャパレスかいっ!

いやいやジャパレスいいじゃないか。

ワーホリ体験談の中でジャパレスに対してネガティブな意見が多々見られますがどうなんですかね。
英語力を伸ばしたい人は当然ネイティブが多い環境の方が良いと思いますが、僕のように英語力が壊滅的な人にとっては日本語が通じる環境はとても助かります。
また、日本人だらけの職場じゃネイティブの友達ができないとかいってできるだけ日本人と関わりを持たない人もいるみたいですね。それは個々の考え方なので否定も肯定もしませんが、人種で区別してる時点でお前らの浅はかさがわかるわ!!!

おっと、そんなことを書きたかったわけじゃなかった。

とりあえず仕事が決まったんだけど、どれくらいのペースでシフトを入れるのが良いか悩んでるんすよ。
僕は別に働きたくてカナダにきたわけじゃなくて、自然の中で思い切り遊びたいからきたわけで。
できれば仕事なんてしないで毎日遊んでいたい!

自分で稼げる力がないから結局日本にいるときと同じように時間を提供することでしかお金に変えられない。

今年中に少しでも自分でお金を稼げるようになると目標を立てました。


「私の年収こんなに低いの!?」
「1日たった10分で月1万円稼げる!!」


「タキ式メソッド今なら半額‼️」



的なことは絶対やらないけどね笑


でわっ!

スケートパーク

ここ数日めちゃくちゃ暑い日が続いているWhistlerです🌞

そんな炎天下の中、今日はWhistler villageにあるスケートパークに行ってきました。

f:id:simplebestblue:20180620155808j:plain

夕方ごろに行くと、平日にも関わらず大勢のスケーターがいました。

しかもローカルだらけでレベルも高いし場違い感満載でしたが、端っこのボールでパンピングの練習をしてきました。
上半身裸のヒゲモジャローカルさんは凄いスピードで楽しんでる中、僕は「へぇ〜こういう感じね〜。あ、今日は下見に来ただけだから」という空気を全力で出してました。

ヒゲモジャローカルがいなくなって、彼氏ときてたお姉さんが1人で滑ろうとしてたので心の中で「下手くそ同士一緒に練習だね」と心が通じ合った気がしましたが、
めっちゃうめー

当然「へぇ〜こういう感じね〜。あ、今日は下見に来ただけだから」という空気を出すのに全力を注いだことは言うまでもありません。

ちくしょー!!
明日から朝練して絶対仲間に入ってやるからなっ
覚えてろよ!!!!

と、勝手にライバル心を燃やしたWhistlerの夕時でした。
現場からは以上です。

Vancouverから引っ越し

住むところが決まったので今日は引っ越し!!
ようやくホテル暮らし卒業です。
以前見学に行ったシェアハウスに住めることになりましたー。

f:id:simplebestblue:20180618163919j:plain
またこの荷物を持って移動するのが一苦労なんすよね。

今回もGreyhoundを利用してWhistlerまで向かいましたが、前回よりも大分落ち着いた運転だったので安心して乗っていられました笑

無事に到着しシェアハウスへ。
Whistlerは自転車とかランニング用にトレイルが作られているのでキャリーを押しての移動も楽チンでした。

f:id:simplebestblue:20180618170025j:plain
とりあえずの仮部屋

写真だと狭そうに見えるけど、1人だったら十分な広さです。

荷物を運び込んだ後はオーナーさんがシェアハウスの周りを散歩がてら案内してくれました。

小さい町だけど景色がめちゃくちゃ綺麗!

f:id:simplebestblue:20180618170719j:plain
シェアハウス近くの湖

ここら辺の湖はビーチみたいにみんな水着で遊んでいて凄く楽しそう😃
とりあえず近々ゴムボート買いに行こうと思います!


今日お話ししたルームメイトの人たちはとても良い人だったので一安心。

明日からは仕事探し開始します!
本当はバイトで働きたくないんだけどねー。


ではっ

日本てそこまでいい国なの?

いつの間にかカナダに来て1週間が過ぎてました。

今生活しているところは、住みやすい都市ランキングTOP3常連のバンクーバーです。

そんなバンクーバーで1週間生活してみて、日本と違うと感じたことがいくつかあったのでまとめておきます。


wi-fi

まず驚いたのがWI-FIの普及率。

小さい個人経営のお店以外だったらほとんどの建物にfree wi-fiが入っているといっても過言じゃないくらい飛びまくってます。

電話しない人だったらキャリア契約いらないくらいです。

日本でも都会の方にはそこそこfree wi-fiがあるけれど、wi-fi繋ぐのに手続きがめんどくさかったり、無料登録しないといけないとか、そもそも繋いでもwebが見られなかったりとか使い勝手悪いことが多々あります。

日本はセキュリティーに関しての責任問題回避のためにいちいちめんどくさい手続きを踏ませているけど、こっちのwi-fiは「何かあっても責任を負いません」系の文面に同意するだけで速攻使えます。
(店によっては速度がめちゃ遅いところもあるけど笑)

日本もその同意だけ得れば十分じゃんと思うわけです。

インバウンドの人たちの利便性も考えるとさっさとカイゼンしてほしいですね。


留学生

今泊まっている所はUBC(The University of British Columbia)という大学のカレッジ内にあるホテルなんですが、偏差値でいえば学部によっては日本の京大レベルくらい。

また、数名カナダ首相を排出しているような大学です。

留学生も多くカレッジ内には色々な人種の人たちがいますが、僕の主観では一番多いのは当然カナダ人です。

次に中国人、その次が韓国人とインド人、そしてたまーに日本人がいるって感じです。

アジア人がたくさんいる中で日本人の比率の少なさと中国人の多さに驚きました。

日本以外のアジア諸国で多くの優秀な人材が育ってきているということは明白ですね。

GDPではとっくに中国に抜かれているし、IT産業ではインドが急成長しているし、「外国人は日本が大好き」みたいなバカな番組やってる場合じゃないよ。


食べ物

はいっ、これは間違いなく日本が一番美味しい&安い!!!

カナダでも探せば美味しいものは当然ありますよ。探せばね。

その辺で適当に買ったサンドウィッチとか不味いから笑

でも、日本は基本的に適当に食べたものでも不味いなんてことは稀です。

これはマジですごいと思いました。しかも日本は食のコストが低い。まぁこれは日本が安すぎるんですけどね。

今唯一切ないのは美味しい日本食が食べられないことです笑




そんな感じでちょっとだけど日本では感じられなかったことをまとめました。
またちょこちょこ書いていきたいと思いまーす。


ではっ!

カナダのGreyhoundはなかなかどうしてスリリング

昨日初めて利用した長距離移動のバス会社
その名も Greyhound

今回はこのバスの利用についてまとめまっす!


バスの予約

今回はネットで予約しました。
ネットでの予約の方が割引もあってお得だったので💡


まずはこのリンクから予約画面へGreyhound.ca | Home

f:id:simplebestblue:20180613032905p:plain

今回は往復のチケットを予約したのでRoundtripにチェックしてあります。
出発地と到着地、日時を入力して「search schedules」をクリック。
丁度いい便があるか確認します。


f:id:simplebestblue:20180613033321p:plain

丁度いい便が空いていたので「web only fare」にチェックし「continue」をクリック。

f:id:simplebestblue:20180613034154p:plain

次の画面の下にある「payment options」はクレジットカードを持っているかの確認。

あとはクレジットカードの情報を記載するだけ。

f:id:simplebestblue:20180613034952p:plain

最後に上記の画面が出ますが、これはチケットの受取り方法の選択です。
「print at home」は自分で印刷して持ってくる人。
「will call」は当日にバス乗り場の受付で受け取る人なので都合のいい方をチェック。
「pickup password」は好きなパスワードを入力すればOK,
ただし忘れないように。

これで予約完了!





当日の流れ

出発の1時間前には行っていた方がいいみたいだったので、早めにVancouverのPacific Central StationにあるGreyhoundの窓口へ向かいます。
駅の中に看板がぶら下がってるのでわかりやすい!

受付でネットの予約画面とパスポートを渡したら、「荷物あるか?」と聞かれただけですぐにチケットを発券してくれました。
荷物があればそこでタグをもらうみたいです。


「出発15分前に13番乗り場に行って」と言われたので時間通りに乗り場へ。

f:id:simplebestblue:20180613042221j:plain

時間通りに乗車とはならず10分遅れくらいでバスに乗り込み始めました。
しかも案内された13番ではなく12番のバスに乗れと急遽変更。
間違えたかと思ってちょっと焦りました笑

ドライバーにチケットを渡して行き先を伝え無事に乗車できました。





バスの乗り心地

バスの中は日本の長距離バスとあまり変わらず普通。トイレもついているしACコンセントもあります。
ただ、座席は決まってないので早い者勝ち。VancouverからWhistlerへ行くなら左側の席の方が景色が良くておすすめです!

いざ出発するとバスの車内は結構寒い❄️
日本人は寒がりなのでなるべく厚着できるように準備した方がいいですね。

まぁ寒さは自分で準備すれば対処できるからいいんですけど、一番大変だったのは 
運転の荒さ。

まじでカーチェイスしてんのかってくらいの勢いでぶっ飛ばします恐
コーナーでスキール音鳴らしてたし💦

ブレーキングも雑だし冗談じゃなくジェットコースター状態。
カナダの人は結構みんな運転荒いけど、大型バスまでとは苦笑

乗り物酔いしやすい人はマジで気をつけて!!

僕は酔わなかったけど横転するんじゃないかとビビってました😅
(頭の中ではmoveが流れてた笑)
そんな秋名の86もびっくりな走りのおかげで予定より早く到着。

帰りのバスはドライバーが違う人でまだ良かったですが、奥さんは酔いまくってました笑



そんな感じでカナダ初めての遠出は終了〜


スリリングなドライブを楽しみたい人は是非Greyhound利用してみてください笑

カナダでの家探し

時差ボケがようやく治ってきたー


環境適応能力に定評のある僕ですが時差との相性は悪いようです笑





さてさて、カナダに来て6日が経ちそろそろ家見つけないとまずくない?と焦り始めていたここ数日。
一応今滞在中のホテルは11日間押さえてはあるものの、それ以上の連泊となると費用的にも厳しいので。

英語力が乏しい僕たちは、日本語サイトの JPcanada(https://www.jpcanada.com)でシェアハウスを検索💻
自然を満喫しに来たので希望の場所はWhistler!

しかし、世界中から人が集まるリゾート地なので空いている物件の数が少ない上に家賃もお高い💲

それでもまだ繁忙期前の時期なので価格や立地、ハウスルールの条件が良さそうな物件を2つ見つけることができました。

他のワーホリビジターの方のブログを見ていると中々返事すらもらえないことが多いみたいですが、今回は運良く2件ともからお返事を頂け、そのうちの1件の見学に今日は行って来ました。


VancouverからWhistlerまではバスで2時間くらい。
今回はGreyhoundというバス会社を利用しました。
ネット予約割引で往復大人2人71.2CADと手頃価格!
(荷物があればプラス荷物分がかかるみたいですね)

Greyhoundについてはまた別記事にまとめます!



10時にVancouverを出発して12時ちょい過ぎにWhistler無事到着。
もうね、Whistlerが近づくにつれて見えてくる景色がやばかった!

日本とは違う自然の感じ、建物の景観とか全てが僕が日本で理想としてたそれでした!!

もう到着した時点で「最高!!」
と鼻息荒く口にしていました。


見学の時間までかなり余裕があったのでWhistlerVillageを散策。
富裕層ばかりで連れている犬もどことなく賢そうに見えます🐩
(所構わず吠えまくってるバカ犬元気なわんちゃんもいたけど)


ぷらぷらお店を見たりしていると見学の時間に。

シェアハウスの前まで行き連絡するとオーナーさん登場!
挨拶も早々に家の中を説明してもらいながら見学。

ハウスルールなどの条件は文句なし!
そして何と言っても一番の決め手は
シェアハウスのすぐ近くに湖が!!!!!

もうここしか考えられません!ということでもう自分たちの中では決定していましたが、優しいオーナーさんは「帰ってよく話し合ってからまた連絡してくれればいいよ」と。


帰りのバスの時間も迫っていたのでそこで解散。

るんるん気分で帰路に着きました😋




ホテルに戻って速攻で連絡したのは言うまでもないですね笑
(もう1件のオーナーさんもすごくいい人そうだったので申し訳ないですが)

一番心配だった家探しがこれで一段楽かな。
やっぱり家探しは早めにするのと、時期もすごく重要だと実感。





あー早くWhistlerで暮らしたい!!

Vancouverの表と裏

シェアハウスがなかなか決まらない〜汗
とりあえず明日一件見学に行って来ます!



さて、今日は以前の記事でも書いたレンタルスマホを返却ついでにGastownを観光して来ました。




つい3日前に借りたばかりのスマホですが、
使い心地が悪過ぎ
てか日本語入力がまずできなくて問題外。

レンタル代が高い機種にすればいいんだろうけどそれを一年使うにはお金がもったいない。
さらにもし故障させるとまた余計にお金がかかる。
昨日いっそのこと安いスマホ買っちゃおうと思い立ちネットで検索💻
JPcanadaでiphone6sを売ってくれる人を見つけて連絡すると、明日直接渡してくれるとのこと。

そして今日その方に会って来ました。


待ち合わせ場所で少し待っているとその方登場。
さっそく現物確認をさせてもらうと傷はほとんどなくかなり綺麗✨
しかも、わざわざ液晶の保護シートまで準備してくれていました😳

さらにさらに、ちょっとした立ち話でこの後Downtownまで行く予定だと話すと、「そっちの方まで行く用事があるから送ってくよ」と!!

なんていい人なんすか!神様ですか?神様ですよね?そうですよね?
そうなんですよね??そうだって言ってよー!!!!

と、口には出さず心の中で叫んでいました。

車内ではカナダのことに色々教えてもらったりしました。
こっちに来て奥さんと店員さん以外で初めて話す人だったので、短い時間だったけどとても楽しかったです!!

Downtownまで送ってもらい、その足でPhoneBoxへ。
今回は日本人の店員さんだったので英会話はできませんでした。

無事返却を終えてデポジットも戻って来ました。

日本でsimロック解除できてるかちゃんと確認すればよかったと思いつつも、これがなかったら今回の神様とも出会えなかったのでむしろ良かったー😋



用事も済んだので、近くの観光名所である蒸気時計を見にGastownへ。
メインストリートは観光客で賑わってました。


f:id:simplebestblue:20180611115835j:plain



とここまでがVancouverの表の顔。




帰り道にVancouverの裏の顔を垣間見ました。

この蒸気時計のあるWater streetの2本隣にあるHasting streetがバンクーバーで一番危険と言われているstreetです。

帰りのバスに乗るためにHasting streetに行かなければならず恐る恐る向かいました。
さっきまでの雰囲気とは全く違い、歩道にはホームがレスな方々がたーくさん。
道にはお注射器のものなのかガラスの破片が落ちてて、お医者さんが落としちゃったのかな?

そしてなによりも、、、めちゃくちゃ臭い!!!
マリファナアンモニアが混ざったような臭さ😱

無事にバスに乗れましたが、バスの中から見てるだけでも異様な光景でしたね。
僕たちは日曜で観光客も多い昼間だったのでまだよかったですが、絶対に1人では行きたくないですね汗


でも、世の中の綺麗な表な顔だけじゃなく裏の顔を見てみるのも社会勉強になりますよ。
身体的、精神的な障害によってそこの住人になってしまった人もいれば、薬物によって落ちていった人もいるだろうし、色々と考えさせられる経験でした。


まぁもう行くことはないですけどね笑



くれぐれも1人では絶対に行かないように!!
本当は行かないのが一番です。



君子危うきに近寄らず。